NEWS

\お家でアーユルヴェーダ/ 梅雨時におすすめのセルフケア

梅雨の時期の不調と過ごし方についてご紹介致します。

じめじめとした梅雨☔

梅雨の時期、アーユルヴェーダでもトリドーシャ(VATA・PITTA・KAPHA)のバランスが乱れやすいと言われています。

風が強い日は、VATAドーシャが、
湿度が高く冷たい日は、KAPHAドーシャ、
蒸し暑い日は、PITTAドーシャが強まります。

また、日々の温度・湿度の差も激しく、気圧も変わりやすいとき。
天候の変動で不調もでやすい季節です。

むくみ、重さ、だるさ、冷え、乾燥、便秘
目覚めが悪く、寝ても寝ても眠い、スッキリしない、元気がない、不安などが出やすくなります。

いやな梅雨の季節ですが、自然界にとっては恵みの雨の時期。
これからやってくる夏の季節をしっかり乗り切る為の大切な準備の時期です。

私達も積極的にアーユルヴェーダの知恵を取り入れて梅雨の時期を乗り切りましょー!!

【セルフケア】
オイルトリートメントやギーを摂取するのがオススメです。
ギーは胃腸での消化吸収を促し便通をよくします。
またオージャス(活力のもと)を高め体のあらゆる組織の強化、免疫力の向上に繋がります。

『お家で簡単!ギーの作り方』はこちらから
http://ayurveda-kyoto.com/how-to-make-ghee

〜オススメ アーユルヴェーダ薬草オイル〜
●乾燥が気になる時は・・・ピンダオイル
●胃腸の調子を整えたい時は・・・トリパラオイル
●冷え、むくみが気になる時は・・・サルサパオイル

〜オススメ アロマオイル〜
●重だるさ・・・KAPHA
●気圧の変化による体調不良・・・VATA

積極的にアーユルヴェーダの知恵を取り入れて、免疫力もあげるよう心掛けてみてください🍀

ブログでは、オススメの過ごし方や食生活についてもご紹介しております。
詳しくはこちらをチェック!
http://ayurveda-kyoto.com/rainy-season